箱庭-berry garden-

妄想クソブログ

声は電波に乗って

錦戸亮が1人でラジオやるってよ!!」

ということで1/12に放送された「錦戸亮オールナイトニッポンGOLD」を聞きましたよ正座して。…嘘つきました。正座はしてません。というよりながら作業しながら聞いてました。すみません。

本人も「不安」と仰っておりましたが、聴くこっち側も始まるまでは不安しかなかった(失礼)のですが、いざ始まってしまえば

これが…

 

え、何コレ?っていうかスゲー良かったよね!?

 

まぁ基本グダグダなのは想定通りでしたが(笑)、今現在の等身大の「錦戸亮」をラジオの中に感じ取れたんじゃないかなーと思っております。

関ジャニ∞では基本スカしてる方」って自己紹介されてましたが、そう思われてる方々に是非聞いて欲しかったラジオでありました。*1

まぁラジオ内で話したエピソードに関してもいろいろ言いたいことはあるんですけども、その中でも錦戸さんの選曲についてが素晴らしすぎるのでつらつら書いていきたいと思います。

(時系列順に記載)

 

1.関ジャニ∞「なぐりガキBEAT」

あー、ね。まぁ何かしら流しますよねー。だけど「なぐりガキ~」だと思わなくてびっくり!(紅白の兼ね合いもあるかもだけど)

1曲目っていうのはある意味自己紹介的な部分が大きいと思いますのでその中でこの曲を選択したというのは

いつまでも「ズッコケ~」のイメージでいてもらっちゃ困るぞ、俺たちはこんな曲だってできるぞ、という決意表明があったのかなーなんて勝手な推測をしてしまいます。

紅白についても「いつまで賑やかし要因なんかな?とは思いますけど」って言ってましたしね。2018年は世間の今までのイメージをぶち壊しに行くぞっていう。

まさに「Knock Up The Scrawl Beat!!」ですね!

 

2.RAMMELLS「2way traffic」

えー!!まさかのラメルズ!シティポップ界隈でもここ行くかっていう。かくいう私もSuchmos関連で知ったんですけどもね。

でもSuchmos好きだからーみたいな感覚で聴くと「おおふ…」ってなる感じ。明らかにシティポップ界隈で一線ひかれちゃうっていう。

自分でも何言ってるのかわかんないけど、何がすごいって錦戸さんカラオケ行ってD○Mチャンネルから偶然聞こえてきたのをキャッチしたっていう流れもすごいし、このマイナーに行き過ぎずメジャーにも行き過ぎない絶妙なバランスのところを紹介するスタンスがすごい。

 

3.David Bowie「Space Oddity」

「チューニングとして使用している曲」って言っておりましたが、ここで言うチューニングっていうのは楽器に対してのチューニングではなく、気持ち的なチャンネルを併せる、リセットかけて気持ちを整える的な意味合いが大きいのかなと思います。

デヴィットボウイの中でグラムロックではなく、レッツダンスでもなくの初期の曲で何度も何度も再発売されてる曲を選ぶあたりがすごい。

今歌詞見るとだいぶぶっ飛んでて、あぁ…ってなるのもまた一興。

 

4.Vanessa Carlton「A Thousand Miles」

聴いた瞬間「なつこー!!」*2って叫びそうになりましたわ!錦戸さんと同年代かそれ以上の人絶対一度は聞いたことあるはず!(多分)

これもね、そんだけ有名な曲を目覚まし音として使用してたって言うその感覚がすごい。

ちなみに私も試しにこの曲をアラーム音にしたら、あらまぁびっくり自分がすげーおしゃれ生活してる感覚に陥りました。

ちなみにONE OK LOCKがカバーしてる事を先ほどスペル確かめるためにググった時に知りました。

 

5.Nick Cave「Death Is Not The End」(Bob Dylan Cover)

映画「羊の木」主題歌だそうで。

錦戸さん主演関連でなんかタイアップなしって初めてじゃない?調べてないけど。

私は映画は特にタイアップを求めておりません。その作品の内容・雰囲気にあっている曲があるならばそれを使用してほしい派です*3

タイトルと曲の内容からまぁこう結構重い内容なのかな、でもその中に救いとなるものがあるのかな、と感じましたがその正解は映画館で知ろうと思います。

たださぁ、なんでカバーの方使うのかはすっごい気にかかるんですけどね!

 

クリエイターとしての錦戸亮

いかがでしたでしょうか。上記がラジオの中でオンエアされた曲達です。

多分錦戸さんと同年代でまぁまぁ普通に音楽を聞いてきた人たちには「あぁ!」ってなるんじゃないでしょうか。

 

あとここからは書いていて思ったこと。

ここ数年の錦戸さんの作る曲が個人的にすごい好きです。

以前は「あぁ亮ちゃんってロマンチストやなぁ」*4って感じだったのですが、「Your WURLITZER」、「ビースト!!」あたりから変わりましたよね。

うまく言えないけど「自分」から「他人」に向けるようになったっていうか。うーん説明難しいなぁ。自分がクリエイターであることを意識しだしたみたいな。

私がここで使っている「クリエイター」は自分以外の他人に向けての発信ができる、という意味合いで捉えて下さい。

そう考えると今までは自分の思いを吐き出す事だったのが、いつからか自分以外の人を対象にその各個人の捉え方を考えながら作り出す事ができるようになったのかもしれません。

(何を偉そうにとお思いの方私が一番そう思ってます。すみません)

でもそれだけではなくて。

錦戸さんの場合は上でも書きましたけど「メジャーとマイナーのバランス感覚に優れている」のがすごい大きなポイントだと思います。

「メジャー」を「他人」、「マイナー」を「自分」って考えてみると錦戸さんの作るモノは「他人(メジャー)」に振り切るのではなくて、その中に「自分(マイナー)」な部分を取り入れるバランス感覚が非常に巧い人なのではないでしょうか。

それ故、彼の作る曲を聴いていると「ん?」っていうフックが多くてそこがまた一過性の毒を持たらし、見事虜にしている。

 

流石としか言いようがねぇな。

 

たかがラジオ、されどラジオ。そこかしこに等身大の錦戸さんが溢れ出ていて聴いてるこちらとしては当初の不安(だから失礼)が遥か遠くに吹き飛ぶほど楽しませて頂きました。

何か機会があれば、イヤかもしれないけどまたラジオやって欲しいなぁと思います。

あとやっぱり他のメンバーのも聴きたい!と思ってるけど安田くんはWANIMAとか流しちゃうんだろうなぁ(遠い目)

とりあえず映画「羊の木」観に行く*5のでよろしゅう頼みますー。(何を? 

 

*1:基本eighterはそう思ってない。ただの子犬だと思っている。

*2:関ジャニズムより

*3:こういうところが基本的にオタク向いていない

*4:NEWS時代の曲は分かりませんが。

*5:友達が既に私の分の前売り券もGetしているらしい

2017年現場まとめ(今年もありがとうございました)

お久しぶりです。

唐突ですが、自分の備忘録を兼ねて今年の現場を纏めました。

(さぁ今年中に間に合うかどうか見ものです!)

 

1月

まさかのエイト3公演。

福岡はお席が良すぎて、自担より横山さんに何故かファンサをもらい一瞬担降りしかけました。大阪はお譲りで行ったんですけど、象前のくらやすセッションでめでたく昇天(下ネタではない)

頑張ればオーラス行けた*1けど、仕事のため泣く泣く帰宅したのも今となってはいい思い出。

  

2月

  • なし

仕事が忙しすぎて何もかも忘却の彼方へ…

 

3月

初イフオアでございました。今となっては村上さんの彼氏みが凄いってことしか覚えておりません。あとあのちょくちょく挟まってる映像のクオリティな!!

  • 7日 SPECE SHOWER MUSIC AWARDS 2017 国際フォーラムA

こちらを参照
s-ringo77.hatenablog.com

  

4月

 初めての優君のライブでした。盛り上げ方がうまいね!仕事がめっちゃ忙しい時期だったのでアンコール最後の「リーマンズロック」にめっちゃ共感してその後しこたまお酒飲んでしこたま酔っぱらった思い出。その後割とすぐにファンクラブに入会。

 

5月

まさかまさかのバイン×ユニコーンユニコーンおじさん達のリラックスぶりとバイン兄さん達の緊張っぷりを見れただけでもありがたや~。田中のカンペの文字はめっちゃ小さいらしいよ笑!今後も何かしら絡んで頂ければ私が泣いて喜びます!

 

横山さん云々かんぬんより単純に物語として非常に楽しめました。手塚治虫スゲー!

2階席の後ろの方だったので横山さんのお顔はちゃんと拝めなかったのですが、遠くからでも発光してたよ!

 

6月

ジレッタの時も思ったんですが、舞台というあの狭い空間をどう使うかっていうところと実際の裏方にいるスタッフ達に改めて感服致しました。*2

私は最後までコージという人間を好きにはなれなかったのは安田くんの演技力がそれだけ凄い事の証明だと思います。

 

これぞ新規パワー笑!まさか当たるとは思ってなかったので嬉しさ100倍、実際に行ってみてその距離の近さに恥ずかしさ1000倍(お席がかなり前の方でした)

優君の良さはその「歌」に込められた想いの強さだと思います。

どうでもいいけど隣のお姉さんがめっちゃ美人さんだったのでナンパしようかと思ったわ!

 

7月

祝!初ポルカ!物販でだいぶ散在した時点*3でもうね。

久々の狭い箱でのライブ!やっぱり超楽しい!若い子の圧がすげぇ!

今思うとこの時から「フレミング」とか「極楽塔」とか演ってたんですねぇ。

いろいろ感慨深いですねぇ。

 

 8月

もう雨と寒さ!ここ何年かはずっと天気が良くて暑いくらいだったので舐めてました。すみません。

そんな事言いながら割といろんなアーティスト見たなー。でもやっぱりウルトラソウルとイネトラソウルに尽きるなー。一つだけ心残りなのはNulbarich*4を見れなかった事です。来年に期待!!

 

ここから私のジャムコンスタートでした。今回は本当にネタバレ見ずに行ったのですっごい新鮮な気持ちでした。相変わらず笑って泣いて忙しいけどとっても楽しいコンサートでした。

 

9月

まさか1年のうちに2回も福岡行くとは私だって思わなかったけどもまぁ周囲も呆れてたよね。

いやぁオーラス入れたのも含めてホントに今回のツアーは最高のアルバム&ライブでございました。早くDVD観たくてうずうずしてます*5

 

人生初の女子(っていう年齢でもないけど)限定ライブ!!事前グッズ販売でギリギリだった!私の後ろあと何人ってレベルだった!あっぶねぇ!*6

全員女子のライブハウスは非常に観やすかったし、盛り上がってもはんなりと良い匂いがするのが新鮮でした笑

 

10月

  • 15日 ポルカドットスティングレイ ポルフェス14「教祖爆誕ワンマン」 代官山UNIT

いや、あのホントポルカのチケット取れないのよ?*7でも先行で当たってちゃんと正規で入ってるのよ?

今回はVo.の雫さんのお誕生日おめでとうライブでしたが、何故かこちら(客)がヨーグリーナもらって帰るっていう笑

やっぱり「極楽塔」が好きな私は雫さんの思惑にまんまとハマってしまったけどそれが心地いいんだなぁ。

 

11月

念願の初!Suchmosワンマン!!チケット取れた時はホント腰が抜けると思いましたよ。超カッケーし、超楽しかった!Suchmos大好き!!(語彙力

来年もどこかしらのワンマンチケット取れますように!!!

 

今年のライブ納めはバインでした !ノリで名古屋まで行ってきたぜ!バインはやっぱり何年たってもどこまで行ってもバインだったし、ライブ行くたびにやっぱり大好きだと思うし、これからもずっとずっと続けて行って欲しいです。あと20周年おめでとうございました!

 

12月

  • なし!

その代わり6回も忘年会しました。2017年のいろんな事きれいさっぱり忘れました笑!

 

 総括

こう書き出すと意外にいろいろ行ってますね。もう8月くらいから書くの面倒臭くなったので後半適当です笑

っていうかライブレポ(もどき)が1本しかないなんてびっくりです。本当は全部書きたい心意気はいつもあります!ありまぁす!!(古い

でもどのライブもその中の瞬間瞬間も大切な私の思い出になっています。後半適当だけど笑

来年はもっといろんな人たちのライブに行きたいし、そこは貪欲になっていきたいと思っております。

私の大切な時間、私を作り上げているそんな瞬間をもっと大切にして行こうと思っております。

ブログももうちょっと頑張って行きますので、来年もどうぞよろしくお願い致します。

そりでは、

良いお年を〜!!

(ギリ間に合った…)

 

*1:今思うとオーラスなのにあんなに「譲ります」を見かけた公演はない

*2:あの限りなく最後に近い場面の大量の水をあの短時間でどう片づけたのか今でも気になります

*3:正確には分からないのですが10000円超えたと思う…

*4:私的ブレイクアーティストNo.1 異論は認める

*5:DVD発売3月7日に決まりましたね!やったね!それまでに前回のエイタメ観ます

*6:それでも終了時間1時間前に着いたのよ…

*7:次のツアー割と大きい箱で全国規模なのに全会場5分で売り切れたらしい…ちなみに東京近郊は横浜ベイホと赤坂BLITZです。キャパ2000くらいです。

それを魔法と呼ぶのなら

私がジャム@福岡でいろいろ死んでた(いい意味で)間にひっそり(でもないな)と起こっていたこの騒動。

 

kai-you.net

 

この騒動を知った時まず初めに思ったこと。

え?替えの楽器って持って行かないの?

フェスだからっていうのもあったんだとは思うけど、普通は何個か持っていくものと勝手に思ってたからビックリしたよ!!(くだらないな…

とりあえず解決*1はしたようなので、私がこの騒動の内容についてどうこう言うつもりはございません。

言えるような立場でもないですし。

でも、ある時ふと、他人から

「音楽は魔法ですか?」

って聞かれたとしたら、貴方はなんて答えますか?

 

 

音楽は魔法なんかじゃない

私の答えは「No」です。

つまり、「音楽は魔法なんかじゃない」と思ってます。

だって音楽を聴いただけで空を飛べたり、怪我が治ったり、モンスター倒したり*2できないじゃないですか。

けれども。

音楽を聴くことで起こる「何か」はあると信じてます。

「何か」が何かなんて分からないけども(禅問答か!)私が音楽を聴いて感じた「何か」が私を、私の周りを、私の未来を変えるかもしれない。

その可能性は否定したくありません。

ただ、その「何か」がプラスだったらいいけれども、マイナス方向に働いたとしても私は同じことを思えるのでしょうか。

 

音楽は毒にも薬にもなる

上記台詞はとある漫画の中の漫画*3に出てくる台詞です。

私の場合、精神的なバロメータを図る基準の一つに「音楽を聴く」というのがありまして、無理やり音楽聴いて「自分はまだ大丈夫」と言い聞かせてる時も少なからずあります。

ただそういった時に響く音楽って普段の精神状態とは絶対違うし、その音楽が導くものが必ずしも未来あるものであるという保証はなくて。

まぁ私は酷くてもわぁわぁ泣くか、そこらへんに転がって動かなくなるか、くらいで済んでるのでどうにかこうにかやってこれてるわけですがまぁ人によっては生命の危機に立たされる場合だって在る訳で。

「薬」だと思ったものが「毒」になってしまった。

私がそこまで追い詰められたとしたら、一体どんな行動を取るんでしょうか。

 

救う(save)より掬う(pick)を求めて

でも、きっと、そこまで追い詰められても私はきっと音楽に救いを求めてしまう気がしています。

感じた「何か」を違う「何か」に変えること、その方向転換ができることを「音楽に救われた」と言うんだと思います。

その、音楽によって「救われる」ためには、まず音楽を「掬わなきゃ」ならない。

つまり有象無象多種多様の音楽の中から何を求めているのかPickできなければ自分を、誰かをSaveすることはできない。

 

このことは私の大好きなバンドの大好きなVo.*4が言っていたんですけど。

最初聞いたときはイマイチぴんとこなかったんですが、時間が経つにつれて、いろんな音楽に触れるにつれて、「あぁこういう事を言いたかったのかもしれない」と思うようになって。

新しいジャンルの音楽を聴く度に、今まで行った事のない人のライブに行く度に。

誰かを「救う」事はおこがましくてとても言えないけれど、「掬う」中で見つけたものを伝えることができたらー

私はだから、何があっても音楽を聴くのかも知れないです。

 

その先にあるもの

なんか話が脱線しまくってますが(汗

結局は、騒動最中に大森靖子ちゃんが言った

音楽そのものは魔法じゃない、音楽が魔法的な可能性を秘めているだけ。

あとは自分とそこにいる人次第。

に尽きると思います。

 

そんなことを言いながらでも、結局はみんな、音楽のその先に「魔法」があることを信じているのかも知れません。

 

 

ちなみに全然関係ないんですが大森靖子ちゃん、過去関ジャニ∞についてこんなツイートして下さってます。

 

 

ありがとうございます!!

なんならいつかひっそりとカバーしてくれてもいいんだよ(小声)

 

*1:靖子ちゃん自身はどう思ってるかは微妙な感じですけども

*2:魔法の定義がおかしい事はこの際遠く彼方に置いといて

*3:私が敬愛して止まない漫画家いくえみ綾先生の「君の歌がある」参照

*4:Grapevineの田中に決まっておるだろう!!

前途多難なんて上等かい?

 

気づいたら3か月ぶりでございます。

その間私が何してたかっていうと例にもれず

仕事だよ!!!

その間になんかちょこちょこライブやらRSRに行ってたりしてましたけども。

まぁ割といろんな人と飲みに行ったりしてましたけども。

そういう訳(?)で全然関ジャニ∞さん達の事は追えてません。間に合ってません。

何せまだエイタメDVD1秒も見れてないからね!(ドヤァ!

とりあえず夏のツアーは8/16にかろうじて入れてあと福岡2日間入る予定です。

 

時間的な意味でも精神的な意味でもここ何か月かは確実にエイトさん達に割く割合が確実に減ってきています。

え、これはまさかの担降り?*1

いやいや違います。

多分私と彼らの関係って言うより応援するスタンスが多分変わってきたんだと思います。

 

 まぁ以前からそこまで盲目的なファンではなかった(筈)です。

そもそもアイドルなんて好きになったの初めてですから。(以前そこら辺の記事書いたんで探して参照してください)

 それでもテレビはチェック欠かさず雑誌も(ドル誌以外は)とりあえずチェックして

CDやDVDはフラゲして特典はその週末に時間作って…

って書きだすとそれなりにオタクだなぁ、うん。

それなりにビジュアルでキャーキャー言ったりもしてましたしね。

 うん、ホントにそこら辺に転がっている十把一絡げの1人でした。

 

  • 私の立場の変化

 あんまりプライベートな事をつらつら書いてもアレなんですけど。

一番の原因は仕事において私のポジションが変わりました。

それまではなし崩し的になぁなぁになってたことを明確に細分化することにより

役割の変更が発生しました。

そして10月の組織改編で私は役職付きになります(うっ…多分…

その為に今は社内試験の為の論文と必要な資格の勉強を普段の業務外の時間に行っている状態です。

そんな状態なので圧倒的に時間が、今、足りないのです。

 

  • そして現状は

 何か媒体をチェックする時間がどうしても取れないので、そこはもう諦めました。*2

でもだからってファンでいる事好きでいる事は諦めたつもりはありません。

先程までJAM垂れ流ししながらPCに向かいながらせっせと作業しておりました。

もう結論から言いますね。

私にとっての関ジャニ∞とは

戦友みたいなもの

 だと勝手に思っています。

私が日々のいろんな事に疲れた時にふっと彼らの姿を見たり、曲聞いたりすると

「奴らも頑張ってるんだから、私もあとちょっと頑張らなければ…!」

という思いが沸いてきます。そしてまた日々の戦いに戻っていくのです。

自分がやりたいことをやるのは一筋縄でいかない、むしろそこにたどり着くまでの道のりは辛い事や大変な事の方が多いと思います。

新年会の中で彼らはしきりにもっと上へ上へと目指していきたいと言っていました。

私も自分の中でやりたい事を見つけて、その為にもっと上を目指すことにしました。

まぁ彼らの仕事と私の仕事を同一に扱うこと自体厚かましい事は重々承知しています。

ただ目指す場所が違うだけでその心意気はこれからずっと先も共有していきたい、そう考えることは私の自由です、よね、ね?

まぁ暫くは何やかんやで一方的にこういうスタンスで行こうと思っています。

それもまた一つの応援するというかファンである形の一つとしてあってもいいんじゃないかなって。

 

 

  • おまけとして

昔から好きな曲の一つとしてCoccoの「雲路の果て」があるんですけど。

その中の歌詞に以下のような部分があります。

この目さえ光を知らなければ 見なくていいものがあったよ

からだがあなたを知らなければ 引きずる思い出もなかった

 この歌詞は決して後悔してることを言っている訳じゃない。

その反対を言っていると私はずっと思っています。

つまり、

光を知ったからこそ、見れるものがたくさんあった

あなたを知ったからこそ、いろんな思い出がつくれた

んじゃないかなぁ、と。

なんでこんなこと書いたかっていうと、私は自分の目で見たものしか信じないようにしているし、自分が知った大切なことはずっと大切にしていきたいという気持ちがあるから。

見えないものや知らないものに惑わされることほど馬鹿らしいことはないと思っています。

自分を信じて。

自分を大切にして。

言葉で書くとすごい簡単な事。

でもいざしようとするとすごく難しい事。

自省の意味も込めて書きました。はい。

 

 

 

うあぁぁぁ福岡まであと2週間!!

私の戦いはまだまだ続くけれど、少しの休息をもらいにそして戦う勇気をもらいに行きたいと思います!!!

  

*1:グループ単位で使うかどうかは知らんけど。っていうか私この言葉好きじゃないんですよね。それはまた別の機会に書けたら書きたい

*2:圧倒的に時間の使い方がヘタな部分もある

可愛いだけじゃやってられないの

 

関ジャニ’s エイターテインメント」DVDやっと発売になったわけですが。

…まだ見れてません。いつものごとくフラゲはしたんですけどもまだ1mmも中身見れてません。

何なら段ボールからも出してない。楽天Booksの段ボールごと部屋の隅の椅子の上に置いてある。

理由らしい理由はないんですけどね、まぁあの単純に時間がないっていう。

エイトさん達のDVDってながら見できないんでその時間確保しなきゃいけないのに

こういう時に限って土日も予定入ってるっていうね。

あぁビジュアルコメンタリーよ、コメンタリィ…

 

というわけで今回は全然違う方面のこと書きまーす。

(前回も優くんだったなそういえば)

 

えっと、最近(というかもうここ半年以上)ずっと激ハマりしているバンドがありまして、

その名もポルカドットスティングレイっていうんですが。

 

ここで知らない人のために3行でわかる解説

4人組ロックバンドでキャッチコピーは「福岡発の超常ハイカラギターロックバンド」略称「ポルカ

ギタボ担当の雫は、作詞作曲ジャケのデザインPV監督までこなす多才っぷりで音楽関係者の度肝を抜き

にゃんにゃん❤とは裏腹に独特な曲と過激な歌詞でその世界*1の男子はおろか女子までもを虜にしている

 

ええい、百聞は一見に如かず、MV見てくれ!

 


ポルカドットスティングレイ「テレキャスター・ストライプ」MV

 

にゃんにゃん❤出てきたでしょ?にゃんにゃん❤

ちなみにこの曲のPV監督は雫ちゃんなので、もうあざといなーって思いながらも

「かわいい…」って言っちゃう。何回見ても言っちゃう。

こんなのそこら辺のサブカルぶってるけどどっからどう見ても量産型ロキノン系大学生男子だったらもう多分息してない。

 

何だよ見た目だけかよ!

ってお思いの貴方、甘い、甘いです。

確かに「テレキャスター」の雫はかわいい。でも根底にあるのは耳に残るメロディと日本語なのか英語なのかよく聞き取れない歌詞。そして雫の歌詞によっての歌い方の変化。

リード曲として出している「テレキャスターストライプ」や「人魚」、新作の「エレクトリック・パブリック」とかは割とキャッチーなので歌詞も歌い方も「かわいい、かわいい」と言ってられるのですが、カップリングだったりアルバムのその他の曲だったりすると割と際どい歌詞であったり歌声も一変してあえてのかすれ声や笑い声交じりだったりでもうそれはちょっとした狂気さえ感じる程に。

それ故なのかよく椎名林檎に似てると言われることも多いらしいんですが、確かに林檎ちゃんっぽいところは否めないところもあります。でもそれさえも狙ってやっている気がするんですよね。

ああ、この世には2つの人間がいるでしょう

与えられるより 与える方が私には簡単です

うん、これは確信犯ですね。 

 

雫はわかってるんです、所詮女の可愛さなんてその他諸々の感情を犠牲にして成り立っている事を馬鹿な男たちは知らない。

ああ、私の春であるあなたにとって

可愛いだけで終わっていたかった 

でも知らないが故に男を騙すより、知っている男に果敢に挑んでゆくそんな女の姿の方が何倍も「可愛さ」を含んでいるということに。

 

20代前半の女子がこんな本音を歌って何にも気づかない馬鹿な男達を虜にしているのが末恐ろしいなぁ。

その馬鹿な男たちが気づくころにはきっと何もかも手遅れなんだろうなぁ。

サヨナラを言いましょう

目を見てね、今更

魔法はもう解けている

 

と長々書きましたが、そして途中思いっきりいつもの如く脱線しましたが、

この先のポルカドットスティグレイがどんな変化(という本音)を見せてくれるのか非常に楽しみでワクワクしております。

気になった方は是非一度その耳でお確かめください。

iTunesで全曲配信されております。AppleMusicなら全曲聴き放題でございます!*2

 

そうそう、7月のワンマン追加公演*3無事チケット取れましたので、初ポルカ楽しんでくるぜー!!

 

…あ、エイターテインメントは今月中に…見られれば…いいな…(ガクっ

 

 

*1:どの世界かは書いてる私も謎

*2:そういう私もAppleMusicで存在を知ったクチ

*3:@東京キネマ倶楽部。ちなみに普通にワンマンツアーの方はチケット取れなかった

きっとまた会いに行くよ

宣言通り(?)高橋優くんのライブに行ってまいりました!

 

f:id:s-ringo77:20170401221906j:plain

 

 優くんのライブ自体初めてだし、横浜アリーナは2年ぶりくらいに行くしで割とてんやわんやで挙動不審な感じで参加しましたが、

あの、

もんのすごーく楽しかった!!!

ので記憶が薄れない内に自分的メモを。

 

あ、この先ネタバレしますんで、みたくない人はブラウザそっ閉じをお願いします。

続きを読む

ALL RIGHT 闇を突破する YEAH!!

関ジャニ∞のアルバムの詳細が発表されましたね!!

 

www.infinity-r.jp

 

関ジャムはリアルタイムできない(しない。眠いから。)私は朝Twitterで知ったわけですけども

寝ぼけ頭でぽわぽわしながらえっえって確認したら

まさかの

ユニコーン楽曲提供

とな。

いやまぁまさかってことはないでしょうけど、私にしてみたらまさかでしたよ。

本当に人生には3つの坂*1があるんですね!!

あ、私1週間ほど海外に居て帰国してから真っ先に見たのがカルテットの最終回でした。いやぁホントこのドラマは近年稀に見る良いドラマでした。このドラマの次が「あなたのことはそれほど」なんですよね、私いくえみ綾が大大大っ好きなんでドラマ化ということに不安しか感じないんですけど

って何の話?

そうそうユニコーンの楽曲提供だ、そうそう。

 

そもそもユニコーンっていうバンドの全盛期(今は再結成中)を知らない人の方がきっと多いんじゃないですかね。

かくいう私もユニコーンを好きになったのはリアルタイムではなくて解散した後だったんですけど、それでもCDを全部集めてビデオ(時代ェ…)も全部集めてとりあえず中高とバンド組んでた時は無理やりユニコーンの楽曲を無理やりねじ込む*2という熱狂ぶりで。

あともう少し早く生まれていれば…リアルタイムユニコーン世代だったのに…キィィィ!とハンカチを噛み締めながら生きてきた私にとって、2009年に再結成したときはそりゃあもう狂喜乱舞でした。

再結成後のツアーで初めて生で見たときは本気で生きててよかったと思いました。

「大・迷・惑!!」って叫んだときいやぁホント生きてて良かったと思いました。(2回目)

 

ユニコーンってほんとライブが楽しいんですよ。

過去も現在も同じ。いや過去はビデオ(だから時代ェ…)しか知らんけども。

もうみんなおっさん達だからすぐ疲れる言うし、くだらない事も笑える事もするし、そのくせ演奏はクソカッコいい!!っていうね。

 

あれ、なんか関ジャニ∞と似てないか…?

 

そう思った其処の貴方(誰?)、そうなんです!

私は前々から思っていたのです。ユニコーンとエイトさん達って似てるって。

方やロックバンド、方やアイドルという区分けはあるにせよ、

「客を楽しませるのは大前提として、まず自分達が楽しんでできることを!!」

みたいなことが根本的にある気がするんです。

ユニコーンに至ってはね、もう大ベテランの域ですから全編ふっつーにカッコよく演奏して終わることだってできると思うんです。でも敢えてそれをしないって事が逆にカッコいいと私なんかは思うんですけどね、どうですかね其処の貴方!!(だから誰?)

 

ちょっと前にユニコーンが関ジャムでゲストに出た時*3あったじゃないですか。

あの時即興で作った歌*4なんてホントくだらないじゃないですか。

でも実際演奏してみるとこれがメチャクソカッコよかったじゃないですか。

 

アレこそユニコーンというバンドの醍醐味!!

 

エイトさん達もああいう風になってほしいなって個人的には思います。

何年何十年たっても自分たちのスタイルを崩さないその姿勢をずっと保って行ってほしいなと思います。

今回の楽曲提供*5がエイトさん達にとって良い方向に向かう布石になるよう精いっぱいの期待を込めて6月を待とうと思います。

 

 

最後にユニコーンのエピソードでいちばん好きなヤツを。

 

まだまだ全然人気がある時に突然解散を発表*6したユニコーン最後のシングルは「すばらしい日々」でした。その曲のサビはこんな歌詞でした。

君は僕を忘れるから

そうすればもうすぐに君に会いに行ける

そして後に再結成して第一弾のアルバムの最後に彼らは「HELLO」という歌を入れました。

そう君が泣いていた あの頃にもう一度会いたくて

まだ君が元気だった あの頃に言いたくて

ABEDON*7がこれは解散するときのファンだった人たちに向けて、と言っていたそうです。

ー 十何年経ってあの時の「僕(達)を忘れないでいた君」に「HELLO」と言いに行く ー

再結成後初のツアー「蘇える勤労」のアンコールで「HELLO」の後に「すばらしい日々」を演ってくれたのもきっと意味があったことなんだと思います。

 

うわぁー!ホント何から何までカッコいいな、おっさん!!

 

*1:「上り坂」、「下り坂」、「まさか」

*2:それも「素浪人ファーストアウト」とか「看護婦ロック」とかマニアックもいいところの曲

*3:私の関ジャムリピート率今のところNo.1

*4:「かきまZ!」というタイトルでその後配信リリースされた。EBIさん良かったね!としか言えない

*5:多分バンド曲だよね?これで全然違ったらそれはそれでウケるけども

*6:まぁ何となくの予兆を感じてた人は多少なりとも居たらしい

*7:未だにABEと呼ぶけどな!!