箱庭-berry garden-

妄想クソブログ

それを魔法と呼ぶのなら

私がジャム@福岡でいろいろ死んでた(いい意味で)間にひっそり(でもないな)と起こっていたこの騒動。

 

kai-you.net

 

この騒動を知った時まず初めに思ったこと。

え?替えの楽器って持って行かないの?

フェスだからっていうのもあったんだとは思うけど、普通は何個か持っていくものと勝手に思ってたからビックリしたよ!!(くだらないな…

とりあえず解決*1はしたようなので、私がこの騒動の内容についてどうこう言うつもりはございません。

言えるような立場でもないですし。

でも、ある時ふと、他人から

「音楽は魔法ですか?」

って聞かれたとしたら、貴方はなんて答えますか?

 

 

音楽は魔法なんかじゃない

私の答えは「No」です。

つまり、「音楽は魔法なんかじゃない」と思ってます。

だって音楽を聴いただけで空を飛べたり、怪我が治ったり、モンスター倒したり*2できないじゃないですか。

けれども。

音楽を聴くことで起こる「何か」はあると信じてます。

「何か」が何かなんて分からないけども(禅問答か!)私が音楽を聴いて感じた「何か」が私を、私の周りを、私の未来を変えるかもしれない。

その可能性は否定したくありません。

ただ、その「何か」がプラスだったらいいけれども、マイナス方向に働いたとしても私は同じことを思えるのでしょうか。

 

音楽は毒にも薬にもなる

上記台詞はとある漫画の中の漫画*3に出てくる台詞です。

私の場合、精神的なバロメータを図る基準の一つに「音楽を聴く」というのがありまして、無理やり音楽聴いて「自分はまだ大丈夫」と言い聞かせてる時も少なからずあります。

ただそういった時に響く音楽って普段の精神状態とは絶対違うし、その音楽が導くものが必ずしも未来あるものであるという保証はなくて。

まぁ私は酷くてもわぁわぁ泣くか、そこらへんに転がって動かなくなるか、くらいで済んでるのでどうにかこうにかやってこれてるわけですがまぁ人によっては生命の危機に立たされる場合だって在る訳で。

「薬」だと思ったものが「毒」になってしまった。

私がそこまで追い詰められたとしたら、一体どんな行動を取るんでしょうか。

 

救う(save)より掬う(pick)を求めて

でも、きっと、そこまで追い詰められても私はきっと音楽に救いを求めてしまう気がしています。

感じた「何か」を違う「何か」に変えること、その方向転換ができることを「音楽に救われた」と言うんだと思います。

その、音楽によって「救われる」ためには、まず音楽を「掬わなきゃ」ならない。

つまり有象無象多種多様の音楽の中から何を求めているのかPickできなければ自分を、誰かをSaveすることはできない。

 

このことは私の大好きなバンドの大好きなVo.*4が言っていたんですけど。

最初聞いたときはイマイチぴんとこなかったんですが、時間が経つにつれて、いろんな音楽に触れるにつれて、「あぁこういう事を言いたかったのかもしれない」と思うようになって。

新しいジャンルの音楽を聴く度に、今まで行った事のない人のライブに行く度に。

誰かを「救う」事はおこがましくてとても言えないけれど、「掬う」中で見つけたものを伝えることができたらー

私はだから、何があっても音楽を聴くのかも知れないです。

 

その先にあるもの

なんか話が脱線しまくってますが(汗

結局は、騒動最中に大森靖子ちゃんが言った

音楽そのものは魔法じゃない、音楽が魔法的な可能性を秘めているだけ。

あとは自分とそこにいる人次第。

に尽きると思います。

 

そんなことを言いながらでも、結局はみんな、音楽のその先に「魔法」があることを信じているのかも知れません。

 

 

ちなみに全然関係ないんですが大森靖子ちゃん、過去関ジャニ∞についてこんなツイートして下さってます。

 

 

ありがとうございます!!

なんならいつかひっそりとカバーしてくれてもいいんだよ(小声)

 

*1:靖子ちゃん自身はどう思ってるかは微妙な感じですけども

*2:魔法の定義がおかしい事はこの際遠く彼方に置いといて

*3:私が敬愛して止まない漫画家いくえみ綾先生の「君の歌がある」参照

*4:Grapevineの田中に決まっておるだろう!!

前途多難なんて上等かい?

 

気づいたら3か月ぶりでございます。

その間私が何してたかっていうと例にもれず

仕事だよ!!!

その間になんかちょこちょこライブやらRSRに行ってたりしてましたけども。

まぁ割といろんな人と飲みに行ったりしてましたけども。

そういう訳(?)で全然関ジャニ∞さん達の事は追えてません。間に合ってません。

何せまだエイタメDVD1秒も見れてないからね!(ドヤァ!

とりあえず夏のツアーは8/16にかろうじて入れてあと福岡2日間入る予定です。

 

時間的な意味でも精神的な意味でもここ何か月かは確実にエイトさん達に割く割合が確実に減ってきています。

え、これはまさかの担降り?*1

いやいや違います。

多分私と彼らの関係って言うより応援するスタンスが多分変わってきたんだと思います。

 

 まぁ以前からそこまで盲目的なファンではなかった(筈)です。

そもそもアイドルなんて好きになったの初めてですから。(以前そこら辺の記事書いたんで探して参照してください)

 それでもテレビはチェック欠かさず雑誌も(ドル誌以外は)とりあえずチェックして

CDやDVDはフラゲして特典はその週末に時間作って…

って書きだすとそれなりにオタクだなぁ、うん。

それなりにビジュアルでキャーキャー言ったりもしてましたしね。

 うん、ホントにそこら辺に転がっている十把一絡げの1人でした。

 

  • 私の立場の変化

 あんまりプライベートな事をつらつら書いてもアレなんですけど。

一番の原因は仕事において私のポジションが変わりました。

それまではなし崩し的になぁなぁになってたことを明確に細分化することにより

役割の変更が発生しました。

そして10月の組織改編で私は役職付きになります(うっ…多分…

その為に今は社内試験の為の論文と必要な資格の勉強を普段の業務外の時間に行っている状態です。

そんな状態なので圧倒的に時間が、今、足りないのです。

 

  • そして現状は

 何か媒体をチェックする時間がどうしても取れないので、そこはもう諦めました。*2

でもだからってファンでいる事好きでいる事は諦めたつもりはありません。

先程までJAM垂れ流ししながらPCに向かいながらせっせと作業しておりました。

もう結論から言いますね。

私にとっての関ジャニ∞とは

戦友みたいなもの

 だと勝手に思っています。

私が日々のいろんな事に疲れた時にふっと彼らの姿を見たり、曲聞いたりすると

「奴らも頑張ってるんだから、私もあとちょっと頑張らなければ…!」

という思いが沸いてきます。そしてまた日々の戦いに戻っていくのです。

自分がやりたいことをやるのは一筋縄でいかない、むしろそこにたどり着くまでの道のりは辛い事や大変な事の方が多いと思います。

新年会の中で彼らはしきりにもっと上へ上へと目指していきたいと言っていました。

私も自分の中でやりたい事を見つけて、その為にもっと上を目指すことにしました。

まぁ彼らの仕事と私の仕事を同一に扱うこと自体厚かましい事は重々承知しています。

ただ目指す場所が違うだけでその心意気はこれからずっと先も共有していきたい、そう考えることは私の自由です、よね、ね?

まぁ暫くは何やかんやで一方的にこういうスタンスで行こうと思っています。

それもまた一つの応援するというかファンである形の一つとしてあってもいいんじゃないかなって。

 

 

  • おまけとして

昔から好きな曲の一つとしてCoccoの「雲路の果て」があるんですけど。

その中の歌詞に以下のような部分があります。

この目さえ光を知らなければ 見なくていいものがあったよ

からだがあなたを知らなければ 引きずる思い出もなかった

 この歌詞は決して後悔してることを言っている訳じゃない。

その反対を言っていると私はずっと思っています。

つまり、

光を知ったからこそ、見れるものがたくさんあった

あなたを知ったからこそ、いろんな思い出がつくれた

んじゃないかなぁ、と。

なんでこんなこと書いたかっていうと、私は自分の目で見たものしか信じないようにしているし、自分が知った大切なことはずっと大切にしていきたいという気持ちがあるから。

見えないものや知らないものに惑わされることほど馬鹿らしいことはないと思っています。

自分を信じて。

自分を大切にして。

言葉で書くとすごい簡単な事。

でもいざしようとするとすごく難しい事。

自省の意味も込めて書きました。はい。

 

 

 

うあぁぁぁ福岡まであと2週間!!

私の戦いはまだまだ続くけれど、少しの休息をもらいにそして戦う勇気をもらいに行きたいと思います!!!

  

*1:グループ単位で使うかどうかは知らんけど。っていうか私この言葉好きじゃないんですよね。それはまた別の機会に書けたら書きたい

*2:圧倒的に時間の使い方がヘタな部分もある

可愛いだけじゃやってられないの

 

関ジャニ’s エイターテインメント」DVDやっと発売になったわけですが。

…まだ見れてません。いつものごとくフラゲはしたんですけどもまだ1mmも中身見れてません。

何なら段ボールからも出してない。楽天Booksの段ボールごと部屋の隅の椅子の上に置いてある。

理由らしい理由はないんですけどね、まぁあの単純に時間がないっていう。

エイトさん達のDVDってながら見できないんでその時間確保しなきゃいけないのに

こういう時に限って土日も予定入ってるっていうね。

あぁビジュアルコメンタリーよ、コメンタリィ…

 

というわけで今回は全然違う方面のこと書きまーす。

(前回も優くんだったなそういえば)

 

えっと、最近(というかもうここ半年以上)ずっと激ハマりしているバンドがありまして、

その名もポルカドットスティングレイっていうんですが。

 

ここで知らない人のために3行でわかる解説

4人組ロックバンドでキャッチコピーは「福岡発の超常ハイカラギターロックバンド」略称「ポルカ

ギタボ担当の雫は、作詞作曲ジャケのデザインPV監督までこなす多才っぷりで音楽関係者の度肝を抜き

にゃんにゃん❤とは裏腹に独特な曲と過激な歌詞でその世界*1の男子はおろか女子までもを虜にしている

 

ええい、百聞は一見に如かず、MV見てくれ!

 


ポルカドットスティングレイ「テレキャスター・ストライプ」MV

 

にゃんにゃん❤出てきたでしょ?にゃんにゃん❤

ちなみにこの曲のPV監督は雫ちゃんなので、もうあざといなーって思いながらも

「かわいい…」って言っちゃう。何回見ても言っちゃう。

こんなのそこら辺のサブカルぶってるけどどっからどう見ても量産型ロキノン系大学生男子だったらもう多分息してない。

 

何だよ見た目だけかよ!

ってお思いの貴方、甘い、甘いです。

確かに「テレキャスター」の雫はかわいい。でも根底にあるのは耳に残るメロディと日本語なのか英語なのかよく聞き取れない歌詞。そして雫の歌詞によっての歌い方の変化。

リード曲として出している「テレキャスターストライプ」や「人魚」、新作の「エレクトリック・パブリック」とかは割とキャッチーなので歌詞も歌い方も「かわいい、かわいい」と言ってられるのですが、カップリングだったりアルバムのその他の曲だったりすると割と際どい歌詞であったり歌声も一変してあえてのかすれ声や笑い声交じりだったりでもうそれはちょっとした狂気さえ感じる程に。

それ故なのかよく椎名林檎に似てると言われることも多いらしいんですが、確かに林檎ちゃんっぽいところは否めないところもあります。でもそれさえも狙ってやっている気がするんですよね。

ああ、この世には2つの人間がいるでしょう

与えられるより 与える方が私には簡単です

うん、これは確信犯ですね。 

 

雫はわかってるんです、所詮女の可愛さなんてその他諸々の感情を犠牲にして成り立っている事を馬鹿な男たちは知らない。

ああ、私の春であるあなたにとって

可愛いだけで終わっていたかった 

でも知らないが故に男を騙すより、知っている男に果敢に挑んでゆくそんな女の姿の方が何倍も「可愛さ」を含んでいるということに。

 

20代前半の女子がこんな本音を歌って何にも気づかない馬鹿な男達を虜にしているのが末恐ろしいなぁ。

その馬鹿な男たちが気づくころにはきっと何もかも手遅れなんだろうなぁ。

サヨナラを言いましょう

目を見てね、今更

魔法はもう解けている

 

と長々書きましたが、そして途中思いっきりいつもの如く脱線しましたが、

この先のポルカドットスティグレイがどんな変化(という本音)を見せてくれるのか非常に楽しみでワクワクしております。

気になった方は是非一度その耳でお確かめください。

iTunesで全曲配信されております。AppleMusicなら全曲聴き放題でございます!*2

 

そうそう、7月のワンマン追加公演*3無事チケット取れましたので、初ポルカ楽しんでくるぜー!!

 

…あ、エイターテインメントは今月中に…見られれば…いいな…(ガクっ

 

 

*1:どの世界かは書いてる私も謎

*2:そういう私もAppleMusicで存在を知ったクチ

*3:@東京キネマ倶楽部。ちなみに普通にワンマンツアーの方はチケット取れなかった

きっとまた会いに行くよ

宣言通り(?)高橋優くんのライブに行ってまいりました!

 

f:id:s-ringo77:20170401221906j:plain

 

 優くんのライブ自体初めてだし、横浜アリーナは2年ぶりくらいに行くしで割とてんやわんやで挙動不審な感じで参加しましたが、

あの、

もんのすごーく楽しかった!!!

ので記憶が薄れない内に自分的メモを。

 

あ、この先ネタバレしますんで、みたくない人はブラウザそっ閉じをお願いします。

続きを読む

ALL RIGHT 闇を突破する YEAH!!

関ジャニ∞のアルバムの詳細が発表されましたね!!

 

www.infinity-r.jp

 

関ジャムはリアルタイムできない(しない。眠いから。)私は朝Twitterで知ったわけですけども

寝ぼけ頭でぽわぽわしながらえっえって確認したら

まさかの

ユニコーン楽曲提供

とな。

いやまぁまさかってことはないでしょうけど、私にしてみたらまさかでしたよ。

本当に人生には3つの坂*1があるんですね!!

あ、私1週間ほど海外に居て帰国してから真っ先に見たのがカルテットの最終回でした。いやぁホントこのドラマは近年稀に見る良いドラマでした。このドラマの次が「あなたのことはそれほど」なんですよね、私いくえみ綾が大大大っ好きなんでドラマ化ということに不安しか感じないんですけど

って何の話?

そうそうユニコーンの楽曲提供だ、そうそう。

 

そもそもユニコーンっていうバンドの全盛期(今は再結成中)を知らない人の方がきっと多いんじゃないですかね。

かくいう私もユニコーンを好きになったのはリアルタイムではなくて解散した後だったんですけど、それでもCDを全部集めてビデオ(時代ェ…)も全部集めてとりあえず中高とバンド組んでた時は無理やりユニコーンの楽曲を無理やりねじ込む*2という熱狂ぶりで。

あともう少し早く生まれていれば…リアルタイムユニコーン世代だったのに…キィィィ!とハンカチを噛み締めながら生きてきた私にとって、2009年に再結成したときはそりゃあもう狂喜乱舞でした。

再結成後のツアーで初めて生で見たときは本気で生きててよかったと思いました。

「大・迷・惑!!」って叫んだときいやぁホント生きてて良かったと思いました。(2回目)

 

ユニコーンってほんとライブが楽しいんですよ。

過去も現在も同じ。いや過去はビデオ(だから時代ェ…)しか知らんけども。

もうみんなおっさん達だからすぐ疲れる言うし、くだらない事も笑える事もするし、そのくせ演奏はクソカッコいい!!っていうね。

 

あれ、なんか関ジャニ∞と似てないか…?

 

そう思った其処の貴方(誰?)、そうなんです!

私は前々から思っていたのです。ユニコーンとエイトさん達って似てるって。

方やロックバンド、方やアイドルという区分けはあるにせよ、

「客を楽しませるのは大前提として、まず自分達が楽しんでできることを!!」

みたいなことが根本的にある気がするんです。

ユニコーンに至ってはね、もう大ベテランの域ですから全編ふっつーにカッコよく演奏して終わることだってできると思うんです。でも敢えてそれをしないって事が逆にカッコいいと私なんかは思うんですけどね、どうですかね其処の貴方!!(だから誰?)

 

ちょっと前にユニコーンが関ジャムでゲストに出た時*3あったじゃないですか。

あの時即興で作った歌*4なんてホントくだらないじゃないですか。

でも実際演奏してみるとこれがメチャクソカッコよかったじゃないですか。

 

アレこそユニコーンというバンドの醍醐味!!

 

エイトさん達もああいう風になってほしいなって個人的には思います。

何年何十年たっても自分たちのスタイルを崩さないその姿勢をずっと保って行ってほしいなと思います。

今回の楽曲提供*5がエイトさん達にとって良い方向に向かう布石になるよう精いっぱいの期待を込めて6月を待とうと思います。

 

 

最後にユニコーンのエピソードでいちばん好きなヤツを。

 

まだまだ全然人気がある時に突然解散を発表*6したユニコーン最後のシングルは「すばらしい日々」でした。その曲のサビはこんな歌詞でした。

君は僕を忘れるから

そうすればもうすぐに君に会いに行ける

そして後に再結成して第一弾のアルバムの最後に彼らは「HELLO」という歌を入れました。

そう君が泣いていた あの頃にもう一度会いたくて

まだ君が元気だった あの頃に言いたくて

ABEDON*7がこれは解散するときのファンだった人たちに向けて、と言っていたそうです。

ー 十何年経ってあの時の「僕(達)を忘れないでいた君」に「HELLO」と言いに行く ー

再結成後初のツアー「蘇える勤労」のアンコールで「HELLO」の後に「すばらしい日々」を演ってくれたのもきっと意味があったことなんだと思います。

 

うわぁー!ホント何から何までカッコいいな、おっさん!!

 

*1:「上り坂」、「下り坂」、「まさか」

*2:それも「素浪人ファーストアウト」とか「看護婦ロック」とかマニアックもいいところの曲

*3:私の関ジャムリピート率今のところNo.1

*4:「かきまZ!」というタイトルでその後配信リリースされた。EBIさん良かったね!としか言えない

*5:多分バンド曲だよね?これで全然違ったらそれはそれでウケるけども

*6:まぁ何となくの予兆を感じてた人は多少なりとも居たらしい

*7:未だにABEと呼ぶけどな!!

だってアイドルだもん

※この記事の内容は大倉くんのあの曲についてではありませんのであしからず。

 

やっとエイタメコンのDVD発売日と詳細が発表されましたね!

www.infinity-r.jp

できればあと1週間前倒ししてGW中に見たかったと思うのは私の我儘なので一旦置いといて、去年の同時期のあの悪夢*1に比べたらエイター界隈も喜びムード一色で何よりです。

まぁ運営側も何か思うことがあったのでしょう。収録内容が山盛り盛りでおいおい大丈夫かい?(何が?)と思ったり思わなかったりどっちだよって感じですけども。

まず初回限定DVDが

DVD初回限定盤 ■DVD4枚組 ■オリジナルスペシャルパッケージ仕様(ライブ写真集同梱)
Disc1&2:関ジャニ’sエイターテインメント 本編映像
Disc3&4:特典<1>ツアーメイキング映像、特典<2>MCダイジェスト、特典<3>アナザーCM集

 んでBlu-ray

Blu-ray盤 ■Blu-ray2枚組 ■通常ケース(Blu-rayサイズ) ■5.1chサラウンド(Disc1のみ)
Disc1:関ジャニ’sエイターテインメント 本編映像
Disc2:特典<1>ビジュアルコメンタリー、特典<2>アコースティックコーナー映像(「Baby Baby」/「ツブサニコイ」/「CANDY MY LOVE」)、
特典<3>コンサートビジョン映像(スタジオ・アコースティック演奏) ※コンサートビジョン映像の大阪Ver.は本編に収録されております。

ビジュアルコメンタリー…

ビジュアルコメンタリー…

ビジュアルコメンタリー…!??

あっありがとうございます!(即座に敬礼

えっこれってアレですよね?本編見ながらメンバーがわちゃわちゃするヤツですよね?おまけにオーディオじゃなくビジュアルってことはその様子が画面に映るってことですよね?どうしよう大丈夫ですか、そんなの見せたら死ぬ人続出じゃないですか?えっていうかそれが狙い?あ、でもエイトレンジャーでやってたけど映画とライブだと雰囲気違うからやっぱり死亡フラグ。ほんとにありがとうございます!(再度敬礼

まぁでも今でこそこういうオタク的な楽しみ方もできるようになってきましたが、私にとってアイドル、それもジャニーズを好きになるなんて晴天の霹靂というか寝耳に水というか藪から棒というか(しつこい)の出来事なので、未だに違う方面の友達からは心配されまくって(え、大丈夫的な)いるんですけども最初っていうかほんの数年前まではやっぱり戸惑いました。

私は学生時代からずっとRockというか邦楽バンド属性の中で生きてきて、女性男性問わずアイドルっていうものに全然興味を持たなかったわけで。曲聞いてなんぼ、ライブ行ってなんぼ、フェスも音楽イベントも対バンも行ってなんぼ、何ならPA裏でサークルモッシュします!盛り上がる時は前へ突っ込みます!メンバのわちゃわちゃなんてこれっぽっちも興味なくてそんな話するならこの歌詞のこの部分を読み解こうよ!みたいな(これはこれでめんどくさいファンだったと思うけど)世界で生きてきたわけです。まぁそもそもメンバの仲が悪くたって自分が最高だと思う曲と最高だと思うパフォーマンスを演ってくれればそれで満足だったんです。

そんな私が何故関ジャニ∞にハマったのはたまたま「LIFE~目の前の向こうへ~」という曲がバンド編成でCSで流れててなんとなくあーバンドやるのねくらいの認知していたと同時期に同期だった子がたまたまエイターで8UPPERSのコンサート行かない?って誘ってくれたからだったんです。ええ俗に言うパッチ落ち*2ってヤツですよ、どうせ。ええ、永遠の新規ですよ。どうせ。

まぁそれでもやっぱり私の今までの世界とは違ってて、コンサート行ってもフロートとかトロッコに乗って俗にいうお手振り曲の時はどうしていいかわからなかったし、双眼鏡も持って行かない私はダンス曲の時はぼーっとステージ見てるだけだったし、バンド体制の時でも拳突き上げるわけにも行かないので申し訳ない程度にペンラを上げるだけで、うちわも持たない私は周りの子たちと明らかにスタンス違うよな、なんか私なんでここにいるんだろうな…って思いは常に抱えてました。

その同期の子はそんな私の事をどう思ってたかは分からないけど、私はその子が楽しそうに自担の話だったりを聞いてるのは単純に楽しかったと同時にそこまでのめり込む事が出来ることが羨ましくて。あぁ私は彼女と同じ位置で話す事は出来ないなって何故か知らないけどずっと思ってて。きっと自分の心の中で線を引いてたんです、この先は私が容易に踏み込める領域じゃない、ここまでだったらまだ元の場所に戻れる…と。

そんな私の最初の転機がJUKEBOXのコンサートでした。ライブDVD見ればわかる通り私が好きなバンド編成でのスタート。後編も怒涛のバンド編成だったツアー、私は初めて心の底から楽しい!って思えました。何箇所も入りたいって初めて自分から思えました。(恐ろしい事に4公演入った。ほぼ遠征。) 終わってみればバンド以外のお手振りタイムもダンスタイムも以前なら感じていた居心地の悪さは全く感じなかった事に気がつきました。あれ私ちゃんと楽しむ事できたよ?メンバにキャーキャー言う事もできたよ?(まぁこれはビーストのせいでもあるw)全公演一緒に入ってくれた彼女にそう言うと「良かった、こちらこそいつもありがとう」と言ってくれました。

で、そこからもう全部を受け入れて私もめちゃめちゃ楽しみました!ちゃんちゃん!って終わればどんなに楽だったか(笑)前よりは居場所を作れるようになってきたけれど、それでも心の中に抱えているもやもやは消えることなくて。私の気の持ちようだっていうのはそりゃわかってるけど、でもどうしていいかわかんなくて。

でもここで第二の転機が訪れるわけです。

それが渋谷すばるドリームフェスティバル出演。

dreamfestival.jp

私はこれに行かなかったんですけどいや、決して行けなかったわけじゃないんですよ?*3まぁそんなことは置いといて、この中で彼は唯一のMCでこう言ったんです。

 

関ジャニ∞というアイドルやってます!」

 

これ聞いた時ストーンってなりました。気持ちが。

そう、彼らはアイドルなんだ、と。俳優でも歌手でもバンドマンでもないんだ、アイドルという職業をやっているんだ、と。ごちゃごちゃくだらない事に勝手に捕らわれて、こうでもないああでもないと悩んでいたのは私がその事実を受け止めてなかったから、分ろうとしてなかったから。

もうこの時私は全て受け入れようと思いました。そして受け入れました。何をやっても自分が楽しいと思えれば全力で楽しもうと思いました。そしてその結果私はやっとコンサートの中で居場所を見つけられました。

ここまで5年という実に長い歳月を費やしてしまった私。でも今なら声を大にして言える。

「アイドルって楽しい!!」

と。

 

ここまでだらだら書いてきて何を言いたいのかっていうとですね、冒頭に書いた通り

ビジュアルコメンタリーが非常に楽しみです!!

っていう事だけなんですけどもね。ああ、長かった…

 

 

*1:元気が出るLiveDVD

*2:関西の陽気な兄ちゃんズが黒いスーツで降りてきてタバコからのドーンのギャップ落ち

*3:経験上こういうイベントは2組以上好きな人出ないと行かない方がいいので

恋とはするものではなく落ちるもの

Suchmosのライブに行きたすぎて死にそうなのに全然ライブのチケットが取れないのでもう怨念ともいえるパワーを発揮して見事チケットをもぎ取ったスペシャアワードに行ってきました。

tokyomusicodyssey.jp

まぁ始まる前からいろんな物議を醸しだしておりましたが*1、とりあえず最後まで滞りなく行われまして多分みなさんホッと一安心したのではないでしょうか。

 

まぁスペースシャワーTVで生放送もされ、次の日の朝のWSなんかでチラッと放送されてたので、詳しい事は書きません(え!

とりあえず、私が書きたいのは

Suchmosくそカッコよかった!*2

 のはもちろんのことそれ以上に

 おい、高橋優ってめっちゃカッコいいじゃん!!!*3

 って事でございます。

 

いやいやまぁ待て。

とりあえず状況を整理してみよう、私。

 

私が高橋優君についてそれまで知ってる事といえば

  • 「象」というくそカッコいい曲を関ジャニ∞に提供してくださったお方
  • ラジオで大倉くんにいっつもイジられてるお方

このくらいしか知らなかったんですよね。

あ、曲は知ってた。映画「桐島、部活やめるってよ*4観たから。それも2回も。

「大倉くんと高橋くん」については熱心なリスナーではなくてたまに起きてて暇な時は聴くくらいのスタンスですが、聴くと8割方大倉くんにイジられてるもしくはモノマネ披露してるっていう。

まぁなんとなくラジオから伝わる雰囲気としてはこの人きっと性格いいんだろうなぁ、くらいの感じでいたんです。

ですが!!

いやぁこれが実際生で見ると

細いわジャケットと細身パンツ似合うわ黒縁メガネだわやっぱ歌うまいわダイスケはんの小芝居wにも参加するわで彼のことがこんなにも気になる私

えっこの気持ちってひょっとしたら…恋…?(キュン

 

 もう次の日からはとりあえずiTunesで優くんの楽曲をダウンロードできるものはして、新しいアルバムは課金して(言い方おかしい)聴く日々に突入、

その後はええい、何かライブはないものかと検索したら4月の横アリ*5のチケットがあったので購入。

 

はい、あっさり恋に落ちましたw

 

いやぁもともと私メガネ男子に弱いんだよねぇ。あとジャケット男子にも弱いんだった。あと身長もwikiで調べたら173cmだって!私が161cmだから丁度男女の理想の身長差じゃん!!(違

 

そのうえさぁ 

そりゃ淋しかっただろう?辛かっただろう?

どれくらい一人で悩んでいたの?

ここまで来れたことが素晴らしいよ

一つだけでいい 信じてほしい

君は美しい

なんて歌われたらさぁそりゃあ泣いちゃうよね。

(もちろん「象」のセルフカバーも良かったけどあれは私の中では安田くんの歌なので)

 

ということで

今まで結構な感じで関ジャニ∞さんたちと絡んできたにも関わらず何故かスルーしてたのに全然関係ないであろうイベントで10分やそこら見て好きになっちゃったよくわからないド新規ファンここに誕生しました!

(なげぇよ

 

まだまだ全然知らないことだらけですが、その分いろいろ調べて知っていける楽しみがあるってほんと生きてて良かったなぁと思います。

これからは今までに比べてよりラジオも聴いてまいる所存ですので

どうか、

他の優くんファンの皆さま、どうか暖かく見守ってください!!

そして石とか投げないで優しくして下さい!!

(うるせえよ

はっここまで書いて確か関ジャムで2回ほど共演してることに気付いた! 

でも記憶がないってことは多分見てない…

 

ちなみにこのイベント[Alexandros]がシークレットで出て絶対1曲演ると思ったのに何もしないでちょこっと喋って帰ったり、まさかのトリが「KMTR645 feat.ネコカミノカマタリ*6」で何かスゲーいろんな意味でありえないけど私的には楽しい気分で終われたのでまさに「終わり良ければ総て良し」なイベントでした。

ただプレゼンターとして出てきた矢本悠馬くんを心の中で未だに「ひとりクローズ」*7って呼んでしまう点だけは反省しないとなぁと思います。

 

 

*1:当初の司会として決まってたのがあの出家された女優さんプラス後々判明したその女優の不倫相手の某バンドが出演予定だった

*2:Best Breakthrough Artist受賞

*3:Best Male Artist受賞

*4:主題歌「陽はまた昇る」担当

*5:先週のラジオでちゃんと告知してましたね…今まで何聴いてたんだ私…

*6:レキシこと池ちゃんとfeat.キュウソネコカミ

*7:ごめんね青春より