読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

箱庭-berry garden-

妄想クソブログ

恋とはするものではなく落ちるもの

Suchmosのライブに行きたすぎて死にそうなのに全然ライブのチケットが取れないのでもう怨念ともいえるパワーを発揮して見事チケットをもぎ取ったスペシャアワードに行ってきました。

tokyomusicodyssey.jp

まぁ始まる前からいろんな物議を醸しだしておりましたが*1、とりあえず最後まで滞りなく行われまして多分みなさんホッと一安心したのではないでしょうか。

 

まぁスペースシャワーTVで生放送もされ、次の日の朝のWSなんかでチラッと放送されてたので、詳しい事は書きません(え!

とりあえず、私が書きたいのは

Suchmosくそカッコよかった!*2

 のはもちろんのことそれ以上に

 おい、高橋優ってめっちゃカッコいいじゃん!!!*3

 って事でございます。

 

いやいやまぁ待て。

とりあえず状況を整理してみよう、私。

 

私が高橋優君についてそれまで知ってる事といえば

  • 「象」というくそカッコいい曲を関ジャニ∞に提供してくださったお方
  • ラジオで大倉くんにいっつもイジられてるお方

このくらいしか知らなかったんですよね。

あ、曲は知ってた。映画「桐島、部活やめるってよ*4観たから。それも2回も。

「大倉くんと高橋くん」については熱心なリスナーではなくてたまに起きてて暇な時は聴くくらいのスタンスですが、聴くと8割方大倉くんにイジられてるもしくはモノマネ披露してるっていう。

まぁなんとなくラジオから伝わる雰囲気としてはこの人きっと性格いいんだろうなぁ、くらいの感じでいたんです。

ですが!!

いやぁこれが実際生で見ると

細いわジャケットと細身パンツ似合うわ黒縁メガネだわやっぱ歌うまいわダイスケはんの小芝居wにも参加するわで彼のことがこんなにも気になる私

えっこの気持ちってひょっとしたら…恋…?(キュン

 

 もう次の日からはとりあえずiTunesで優くんの楽曲をダウンロードできるものはして、新しいアルバムは課金して(言い方おかしい)聴く日々に突入、

その後はええい、何かライブはないものかと検索したら4月の横アリ*5のチケットがあったので購入。

 

はい、あっさり恋に落ちましたw

 

いやぁもともと私メガネ男子に弱いんだよねぇ。あとジャケット男子にも弱いんだった。あと身長もwikiで調べたら173cmだって!私が161cmだから丁度男女の理想の身長差じゃん!!(違

 

そのうえさぁ 

そりゃ淋しかっただろう?辛かっただろう?

どれくらい一人で悩んでいたの?

ここまで来れたことが素晴らしいよ

一つだけでいい 信じてほしい

君は美しい

なんて歌われたらさぁそりゃあ泣いちゃうよね。

(もちろん「象」のセルフカバーも良かったけどあれは私の中では安田くんの歌なので)

 

ということで

今まで結構な感じで関ジャニ∞さんたちと絡んできたにも関わらず何故かスルーしてたのに全然関係ないであろうイベントで10分やそこら見て好きになっちゃったよくわからないド新規ファンここに誕生しました!

(なげぇよ

 

まだまだ全然知らないことだらけですが、その分いろいろ調べて知っていける楽しみがあるってほんと生きてて良かったなぁと思います。

これからは今までに比べてよりラジオも聴いてまいる所存ですので

どうか、

他の優くんファンの皆さま、どうか暖かく見守ってください!!

そして石とか投げないで優しくして下さい!!

(うるせえよ

はっここまで書いて確か関ジャムで2回ほど共演してることに気付いた! 

でも記憶がないってことは多分見てない…

 

ちなみにこのイベント[Alexandros]がシークレットで出て絶対1曲演ると思ったのに何もしないでちょこっと喋って帰ったり、まさかのトリが「KMTR645 feat.ネコカミノカマタリ*6」で何かスゲーいろんな意味でありえないけど私的には楽しい気分で終われたのでまさに「終わり良ければ総て良し」なイベントでした。

ただプレゼンターとして出てきた矢本悠馬くんを心の中で未だに「ひとりクローズ」*7って呼んでしまう点だけは反省しないとなぁと思います。

 

 

*1:当初の司会として決まってたのがあの出家された女優さんプラス後々判明したその女優の不倫相手の某バンドが出演予定だった

*2:Best Breakthrough Artist受賞

*3:Best Male Artist受賞

*4:主題歌「陽はまた昇る」担当

*5:先週のラジオでちゃんと告知してましたね…今まで何聴いてたんだ私…

*6:レキシこと池ちゃんとfeat.キュウソネコカミ

*7:ごめんね青春より